マイカーローン リスク

マイカーローンを借りるなら抑えておきたいリスクとデメリット

マイカーローンの留意点

マイカーを購入しやすくする方法としてマイカーローンがあります。車は高い買い物ですが、ローンであれば無理なく支払いを行いつつ車を購入できます。しかし、一括支払いと違い、マイカーローンにはいくつかのデメリットがあります

 

デメリットを述べられてもローンしか選択肢がないという人もいますが、それでもマイカーローンのリスクを知っておいた方が、注意すべき点もしっかりと理解できるようになります。マイカーローンでは大きく5つの注意点があります。それが何かを知っておくだけでも、自分が何に気を付けるべきかがみえてくるかもしれません。

 

カードを使うように気軽なものではないマイカーローン

 

ローンには金利手数料が発生する

例えば200万円の車をローンで購入する場合、支払総額は200万円を超えてしまいます。ローンで購入する場合、金利手数料が発生するためです。例えば200万円の車を金利5.0%のマイカーローンで購入する場合、5年均等払いであれば、金利手数料だけで26万円以上かかってきます。

 

一括購入と違い、金利手数料がかかるという点は、注意点の1つであり、しかもその金額は馬鹿にできない大きなお金です。

 

ローン支払中のオーナーは誰か

マイカーローンで購入する車は、ローン支払い完了まで所有権が自分にない場合があります。現金一括購入であれば、当然オーナーは自分になります。名実共に自分の車です。ローンで購入する場合、ローンの支払いが終わるまで車が担保になるケースが多く、支払中は債権者側に所有権があります。

 

借りているような形となりますが、実際には自分の好きに乗っていて問題はありません。しかし、売却や改造を勝手に行うのは許されていないので、やりたい内容によっては手続きが面倒になります。

 

事故や故障などのリスク

車を所有していれば、事故や故障などのリスクが伴います。現金一括でもローンでも、事故による破損などのリスクは同じですが、支払いが終わっているのと支払途中なのでは、負担も変わってきます。

 

ローンで車を購入する場合、ローン支払期間は返済のリスクが残ります。特に長期ローンを組んでいる場合、それだけ返済のリスクも大きくなるので注意が必要です。

 

審査に落ちる場合もある

マイカーローンで車を購入しようとしたら審査に落ちてしまった、という話は実際にあります。大きな買い物ですから、その人に支払い能力があるかどうかは必ず調べられます。収入に対して借入額が大きすぎる場合などには、審査が通らず購入ができない可能性もあります。
マイカーローンの審査について詳しくはこちらhttp://www.mycarloan-rate.jp/kihon/shinsa.html

 

他ローンへの影響

マイカーローンでの借入額や返済履歴については、信用情報機関に記録が残ります。多額のローンが残っている間は、他の住宅ローンやクレジット契約の審査に通らない場合もあります。

 

その逆のパターンもあります。現在多額の借入をしている場合、それが原因でマイカーローンの審査に落ちてしまう場合があります。マイカーローンを考えるにあたって、車のローンだけでなく各種ローンと影響を与えあう点には注意が必要です。

 

マイカーローンの条件を気にしないのは危険

現金一括購入、マイカーローンでの購入、どちらにもメリットはありますが、様々な注意点もあります。だからこそ気を付けたいのがマイカーローンの条件です。選ぶマイカーローンによって金利や審査も変わりますし、支払いの期間によってリスクの種類も変わってきます。

 

自分がどの注意点を気にするのかによって、選ぶべきポイントも決まってきます。しかし、マイカーローンの条件をディーラーに言われるままに決めている人も多いです。マイカーローンの知識をちょっと増やしておくだけで、条件を有利に勧めたり、リスクを抑えたりというメリットが得られます。

マイカーローンを組む時に知っておくべきなのが信用情報についてです。ローンを組む時には、今後の支払い次第で各種ローンが組めなくなったり、クレジットカードが持てなくなったりする可能性があります。

 

クレジット契約やローン契約を結ぶ時、その金額や支払履歴などの情報は、信用情報機関に記録されます。ローン会社などは信用情報機関を通して、その人がどこでいくら借りているのか、支払いをきちんと行っているかを調べられます。

 

もちろんマイカーローンを組んだという情報も毎月の支払い状況も、信用情報機関に記録されます。収入に対してマイカーローンの金額が大きい場合、今後の新たなローンや借入れが難しくなる場合があります。

 

最も注意したいのが支払の遅延です。ローンの支払いが遅れてしまうと、その情報も信用情報機関に記録されてしまいます。ローン遅延情報は各種ローン審査に影響を与えてしまうので注意が必要です。

 

例えばカードローンの返済が遅れていると、それが原因でマイカーローンが組めなくなる場合があります。また、マイカーローンの支払いが遅れてしまうと、それが原因で各種ローンが組めなくなってしまう場合もあります。

 

今後ローンなどが組めなくなってしまうと生活の様々な場面に影響がでるので、支払いは遅れないよう心がけましょう。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:04:15

マイカーローンを組むにあたって、金利手数料などの条件は重要ですが、そもそも審査に通らなければ条件も意味がありません。実際マイカーローンの審査に落ちるという人もいます。審査が不安という人もいますが、審査に通りやすいマイカーローンの探し方も非常に簡単です。

 

銀行のマイカーローンは金利が低いのが特徴ですが、その分審査も厳しい傾向にあります。逆にディーラーの斡旋するディーラーローンは、金利が高い分審査も通りやすいと言われています。つまり、ディーラーにお任せというのが審査に通りやすいマイカーローンの選び方となります。

 

ディーラーローンは金利が高いだけでなく、車の所有権は支払い完了まで自分にありません。これらのデメリットは、審査の面で考えると逆に有利な内容となります。金利が高いのも車が担保になるのも、貸付け側としてはリスクが少なくて済むので、審査を通しやすくなるためです。

 

ただし、ディーラーローンであっても審査に落ちる人というのはいます。ディーラーローンで審査に落ちてしまった場合、他社のローンで通すというのは難しいはずです。その場合には、親族などに保証人になってもらう、頭金を入れて借入額を減らすなどで解決する可能性もあります。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:04:15

車をローンで購入する場合、支払期間中の事故や故障は気がめいります。漫画などでは長期ローンを組んだばかりの新車が壊れてしまいショックを受けるような場面も見かけますが、実際にもローン支払期間中に車が壊れてしまう可能性はあります。

 

リスク回避という観点で見れば、現金一括購入が理想ですが、ローンを組む時でも支払期間は短いのが理想です。ローンの支払期間については、期間が長い程毎月の支払額を抑えられます。

 

毎月の負担が少ないのは一見お得に見えますが、長期間のローンとなるので、それだけ金利手数料は高くついてしまいます。ローンの支払額を抑えたいのであれば、毎月の負担を大きくしてでも支払期間を短くするのが正解です。

 

支払期間が短ければ、その間に事故を起こす可能性も少なくなります。短期間でローンを支払い終えられるよう支払期間と返済額をよく考えてみましょう。

 

ただし、毎月の支払額が大きすぎると、家計を圧迫するリスクや、審査が厳しくなるリスクも伴います。単純に短い程いいというわけではないのが難しい所です。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:04:15

マイカーローンで車を購入する場合、ローン支払い完了まで所有権が自分にありません。ローン未払いのリスクがあるため、購入する車のオーナーは債権者側にあるためです。ローン支払いが終われば所有権は自分になりますが、それまでは勝手に売却などの手続きが行えません。その為、ローン支払期間に新しい車が欲しくなっても、簡単には買い替えができないのです。

 

しかし、車の所有権を購入直後から自分にする方法があります。しかもそれは難しいものではなく、簡単です。マイカーローンを販売店ではなく銀行で申込みすれば、車のオーナーは初めから自分になります。

 

ディーラーローンの場合、貸付け元は信販会社となります。信販会社のマイカーローンでは車が担保になるので、所有権が自分にありません。銀行のマイカーローンは基本的に担保不要なので、車の所有権も初めから自分にあります。所有権にこだわるならば、銀行のマイカーローンの方が都合はよいでしょう。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:04:15

マイカーローンを考えるにあたって、金利情報はとても重要です。扱う金額が大きい住宅ローンやマイカーローンの場合、金利が1.0%違うだけでも支払総額に大きな違いが出ます。

 

例えばこれから200万円の車を7年ローンで購入するとします。金利6.0%のマイカーローンの場合、支払総額は245万円にもなります。マイカーローンの金利手数料がとても重要なのがわかります。

 

もしも金利3.0%のマイカーローンで契約した場合、支払総額は220万円程度まで下がります。金利が違うだけで支払総額に25万円もの差が発生しています。

 

実際金利の低いマイカーローンなんてあるのかと思うかもしれませんが、実は驚くほど簡単に見つかります。銀行のマイカーローンは金利が低めなので、こちらを選ぶだけで数十万円変わってくる可能性があります。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:04:15