マイカーローン リスク

マイカーローンを借りるなら抑えておきたいリスクとデメリット

金利手数料を抑える方法とは

マイカーローンを考えるにあたって、金利情報はとても重要です。扱う金額が大きい住宅ローンやマイカーローンの場合、金利が1.0%違うだけでも支払総額に大きな違いが出ます。

 

例えばこれから200万円の車を7年ローンで購入するとします。金利6.0%のマイカーローンの場合、支払総額は245万円にもなります。マイカーローンの金利手数料がとても重要なのがわかります。

 

もしも金利3.0%のマイカーローンで契約した場合、支払総額は220万円程度まで下がります。金利が違うだけで支払総額に25万円もの差が発生しています。

 

実際金利の低いマイカーローンなんてあるのかと思うかもしれませんが、実は驚くほど簡単に見つかります。銀行のマイカーローンは金利が低めなので、こちらを選ぶだけで数十万円変わってくる可能性があります。

マイカーローンではディーラー斡旋のローンを選択する人がいますが、ディーラーローンは金利が高めに設定されているケースが多いです。特に中古車は金利が高い傾向にあり、10%近い金利設定の場合もあります。銀行のマイカーローンの場合、新車でも中古車でも同一金利が適用されるのが一般的です。

 

金利手数料を気にする人、支払総額を抑えたい人は、ディーラーローンの金利と銀行のマイカーローンの金利比較を情報サイトhttp://www.autoloan-kinri.com/を参考にしながら、しっかりと行ってみてください。

 

しっかりと比較をすると大きな負担となる金利手数料を抑えて借りられるようにもなるので、より賢く損のないマイカーローン利用が可能となるのです。