マイカーローン リスク

マイカーローンを借りるなら抑えておきたいリスクとデメリット

所有権を自分にする簡単な方法

マイカーローンで車を購入する場合、ローン支払い完了まで所有権が自分にありません。ローン未払いのリスクがあるため、購入する車のオーナーは債権者側にあるためです。ローン支払いが終われば所有権は自分になりますが、それまでは勝手に売却などの手続きが行えません。その為、ローン支払期間に新しい車が欲しくなっても、簡単には買い替えができないのです。

 

しかし、車の所有権を購入直後から自分にする方法があります。しかもそれは難しいものではなく、簡単です。マイカーローンを販売店ではなく銀行で申込みすれば、車のオーナーは初めから自分になります。

 

ディーラーローンの場合、貸付け元は信販会社となります。信販会社のマイカーローンでは車が担保になるので、所有権が自分にありません。銀行のマイカーローンは基本的に担保不要なので、車の所有権も初めから自分にあります。所有権にこだわるならば、銀行のマイカーローンの方が都合はよいでしょう。

ちなみに、銀行のマイカーローンはディーラーローンと比べて自由度も高く、車検費用や免許取得費用など、様々な用途に利用可能です。そしてマイカーローンの借り換えにも対応しているので、現在ディーラーローンで支払中の人でも、銀行に借り換えてしまうという方法も可能です。これなら借り換えをしてしまい、ローン支払中の車の所有権を自分に移せます。

 

借り換えは銀行のマイカーローンであればhttp://www.mycarloan-select.com/にもある通りほどんどが対応をしているため、ディーラーではなく銀行でマイカーローンを使うなら問題なく借り換えが行えます。

 

銀行で借りるマイカーローンなら金利手数料が下がるといったメリットもあるので、所有権の面でも金利手数料の面でも銀行のマイカーローンは優れているのです。